アドバイス/プランニング

意思決定サポートサービスとは?

意思決定サポートサービスのイメージ

M&Aの検討時・実行時・実行後の各段階においては、買収側・売却側それぞれの立場での様々な手続が必要となります。
それらを洩れなく確実に実行するためには、事前のプランニングが重要となります。
Stand by C ではプランニング段階からどのような手続が、いつ、どういう形式で必要かを事前にアドバイスして、
貴社のM&Aという重要な意思決定のサポートを致します。

M&Aにおけるプランニングのポイント

  • 事前に必要手続きを先出しして、スケジュール管理、タスク管理を行うことが重要
  • 売却側では、従業員の動揺を避けるために秘密を保持しつつ手続を進める必要がある
  • 買収側では、デューデリジェンスや株式価値算定の依頼先についても検討が必要
  • 買収側、売却側、それぞれの立場で必要手続や考え方が異なることから、立場に即したプランニングを事前に検討すべき

必要手続の例(順不動)

買収側

  • 対象会社のビジネスの検討(ビジネスDDの実施)
  • 対象会社の事業計画の分析・検討
  • 買収後のシナジー効果の検討
  • 買収スキームの検討
  • 対象会社に対する財務・法務・税務DDの実施
  • 対象会社の株式価値の算定
  • 株式価値算定書の取得
  • 株式売買契約書等のドラフティング
  • 売手との価格・条件交渉
  • 買収資金の出し手(BK)との条件交渉
  • 取締役会決議準備
  • 株主総会決議のための各種手続
  • 公正取引委員会審査申請準備
  • 東証等への提出書類の準備
  • プレスリリース準備
  • その他

売却側

  • 売却対象の事業計画の策定
  • 売却スキームの検討
  • 売却対象の従業員の処遇の検討
  • デューデリジェンスの受入れ準備
  • 売却対象対の株式価値の算定
  • 株式価値算定書の取得
  • 株式売買契約書等のドラフティング
  • 買手との価格・条件交渉
  • 取締役会決議準備
  • 株主総会決議のための各種手続
  • 売却対象従業員への説明準備
  • 公正取引委員会審査申請準備
  • 東証等への提出書類の準備
  • プレスリリース準備
  • その他