のれんの減損テストサポート

のれんの減損テストサポート

のれんの減損テストサポートのイメージ

固定資産の減損テストにおいては、DCF法等の手法を駆使して減損金額を算定する必要があります。
Stand by Cでは、企業価値算定等の経験が豊富な公認会計士が貴社の減損テストのサポートを致します。

間もなく日本にも導入が予定されているIFRS(国際会計基準)。
Stand by C では、IFRS導入時に必要不可欠となる開始B/S上ののれんの減損テストのサポートを致します。

IFRS初度適用時におけるのれんの減損テストの概要

  • IFRS1号(IFRS初度適用時)においては、IFRS適用初年度の前期期首(IFRS移行日)時点の開始B/Sを作成することが求められる
  • 開始B/S上、のれんについては、IAS36号「資産の減損」に従って、IFRS移行日時点(ここでは20×1/4/1)において減損テストを実施することが必要
  • 当該減損テストは、IFRS移行日現在の状況に基づいて行われなければならない

IFRS初度適用時における減損テストの概要

減損テストのための回収可能額の評価手続
Stand by Cのサポートサービス

会計監査人の皆様へ

会計監査人の皆様へのイメージ

今後導入が予定されているIFRS(国際会計基準)。
適用初年度には、1期前の期首時点のB/Sにおいて、のれんの減損テストが必要となります。
Stand by C では、経験豊富な専門家がIFRS初度適用時ののれんの減損テストのための企業価値評価値算定サービスを承っております。
クライアントが他の監査法人系のサービス会社へ依頼されるのは困るが、他に減損テストのための企業価値評価の専門家を知らない、という際には、是非、Stand by C へお問合せ下さい。