サービスの概要

意思決定サポートサービスとは?

意思決定サポートサービスのイメージ

M&Aを実行する際においては、買収側・売却側双方ともに様々な局面で意思決定をする必要があります。
また、それら意思決定の際には、その目的に応じた十分な情報収集と分析・検討が必要になります。

  • 社内稟議目的
  • 取締役会決議目的
  • 株主(総会)説明目的
  • 税務目的
  • 銀行説明目的
  • 会計・監査目的
  • その他

Stand by C は貴社の意思決定の目的に即したサポートをお約束します。

意思決定サポートサービスの概念図

サポートサービス(例)

サーポートサービスの流れ(例)

デューデリジェンス実施

事業計画分析/事業計画策定支援

株式価値算定書入手(第三者評価機関)

フェアネス・オピニオンの入手

PPA(パーチェス・プライス・アロケーション)

減損テスト

PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)

報酬体系

報酬体系の系列

特徴

Stand by C では、事前プランニングからM&A後の統合支援(PMI)までを一気通貫でサービス提供することが可能です。

財務DD・税務DD

財務DD・税務DDにより対象会社を分析・理解し、調査結果を事業計画・価値算定・PMIの基礎とします。

事業計画分析/策定支援

事業計画の分析/策定支援には、DDで得た詳細な分析情報が不可欠です。

株式価値算定/企業価値算定

株式価値算定(特にDCF法)においては、対象会社の事業計画を使用することとなります。
そのため、事業計画の策定や分析を行うことによって、より精緻で適切な株式価値の算定が可能となります。
また、DDで得た対象会社の様々な情報は、株式価値算定には必要不可欠です。

PPA(パーチェス・プライス・アロケーション)
のれんの減損テストサポート

買収後に必要となる上記手続は、買収前のDDや株式価値算定における分析・検討情報が役に立ちます。
また、両者ともに、事業計画が必要不可欠なものとなります。

PMI
(ポスト・マージャー・インテグレーション)

被買収会社を買収側に統合するための手続には、DDで得たイシュー情報等が必要不可欠です。
また、事業計画に基づき、買収後のモニタリングを実行することとなります。

国内外の豊富なネットワークを活用することにより、上記以外のサービスについてもご提供することが出来ます。
また、報酬体系についてもご都合に合わせて色々なバリエーションをご用意しております。

詳しくは、お電話かお問い合わせフォームにてご相談下さい。