ポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)

ポスト・マージャー・インテグレーション

買収側イメージ

合併や買収後において、それぞれの会社において異なる規程や業務手続等を統合する必要があります。
Stand by C では、PMIにおける統合実務(統合会議の開催、統合事務局支援、問題点の抽出、進捗管理等)のサポートを致します。

ポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)のポイント

  • プレディールの段階から、統合を意識してPMI作業を開始することが肝要。最終契約締結後、すぐに実質的な統合作業を開始し、事業計画に織り込んだシナジー効果等を早期に実現させる。
  • 適切なリーダーを選任し、早急に統合プロジェクト体制を構築することが肝要。
  • 統合事務局メンバーは各出身母体の代表ではなく、顧客志向に基づいた判断を行うことが重要。統合事務局は、専門分科会の支援および分科会間の調整も行うため、業務に関する幅広い知識・調整力・判断力が必要。
  • 統合事務局メンバー以外の従業員に対する情報開示及び一体感の醸成が重要。

M&Aプロセスにおけるポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)の位置付け

ポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)の位置付け図

  • 統合に関する問題点・課題の抽出
  • 統合効果の予備的検討
  • 統合基本方針の決定
  • 統合初日の準備
  • 事業安定化のための準備
  • 事業安定化のための施策実行と統合新会社のコントロール
  • 中長期的成長フェーズの準備
  • 組織統合の完了
  • シナジーの実現
  • 企業価値創造
  • ターゲット会社の評価
    • 組織・文化
    • 戦略
    • 業務プロセス
    • 経営管理体制
    • 人材等
  • 上記について自社との比較
  • 統合に関わるリスク、機会、シナジーおよび課題の検討
  • 統合新会社の組織・マネジメント体制の決定
  • PMIチーム発足
  • 統合実務責任者の選定
  • 統合基本構想(ロードマップ)の策定
  • 統合プラン策定
    • 統合初日プラン
    • 統合初期プラン
    • 中長期成長プラン
  • 統合初日のための実務対応
  • キー従業員の維持策実行
  • 主要顧客のメンテナンス
  • 主な利害関係者との関係維持
  • 文化的融和策の実行
  • 領域別統合施策の実行
  • レポーティングシステムの整備
  • 業績管理指標の暫定的設定
  • シナジー効果のトラッキング
  • 中長期成長のためのビジョン設定
  • 中長期経営目標の設定と成長のための施策実行